読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「和解」は彼女のものではない - 日本人「慰安婦」問題活動家の反論

<プレシアン>は2007年4月13日、朴裕河世宗大教授(日文学)の寄稿文を載せた。朴教授は、日本のある講演で行った発言がいくつかのメディアを通じて「慰安婦問題、韓国も責任がある」は、ネチズンらの猛非難を受けることになると、朴教授は自分の立場をもっと詳細に知らせるための文を<プレシアン>に送ってきた。

日本軍「慰安婦」問題は、国際的、国内的にも多層的で複雑な地形の上に存在する。植民地の歴史と戦後補償問題など解決されなかった歴史的課題、戦争の加害と被害に基づいて形成された感性の民族主義、またこれらの戦場の性奴隷に転落させた家父長的社会秩序の問題など。この問題は、過去と現在、また韓国と日本の社会に浸透しながら、依然として「進行形」な課題だ。

そんな中で、国内の代表的な「知日派」知識人である朴教授は、韓国人が感情的な民族主義に立脚して、「戦争被害者」としての記憶を喚起させる素材で慰安婦問題を認識していると主張し、その危険性を指摘したものだ。

このような朴教授の主張が<プレシアン>で紹介された後、韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)のサイトに日本人が反論を上げた。この記事の筆者は、自分が日本で10年以上「慰安婦」問題に関係してきたと紹介しながら、朴教授に向かって「和解」を言う資格がないという主張をしている。日韓間の国境を越えて、できるだけ被害者の立場で事態を理解しようとする視点が引き立つ文だった。

挺対協の了解を得て、庄司律子氏の反論を紹介する。このような主張と反論が過去の傷に新たな傷を付け加える方向ではなく、慰安婦問題解決のための建設的な言説の形成に寄与することを願う。 <編集者>

私は友人と一緒に、彼女(朴裕河教授)の著書「和解のために」を読みました。その中で一番驚いた言葉は元「慰安婦」に対して「被害を強調しようとする被害者の欲望」という部分でした。私は10年以上の性被害者支援活動をしてきましたが、彼女たちが最も苦しんでいるのは自分の被害を表現することができないということでした。裁判でも、最近では「保護命令申請」かどうか、ページ1枚を埋めるのも、いかに難しいかを知っていますか?

私はそのような経験から、彼女たちが私たちに教えてくれているのは、戦時下で性被害に遭ったが、50年以上もどのような治療や温かい社会的対応もせずに生きてきたことに比べれば100分の1にもならないと感じました。

彼女たちにいつも見守ってくれる人がいるということ、あるいは自分たちの希望が社会の冷たい目つきにあっても、それらを支援してくれる人がいるということで、残りの短い余生をどのように励ましてくれるだろうか分かりません。この意見から、私は挺対協の活動を大変尊敬する気持ちで見守ってきました。

「和解」は、被害者が納得しなければなりません。被害者と加害者の間に立って「和解」を提言するのは、被害者の視点で見れば、加害者の側に立っているように見えます。あくまでも、被害者の側に立てば、「和解」を提言することができます。

朴裕河氏は「アフリカの真実和解委員会」を事例として挙げているが、被害者の感情を排除した、その解決方法について、被害者が悲しい顔で「納得できない」と話す姿をテレビで見たことがあります。

また、先日亡くなったフィリピンのトマサ・サリノグ氏は、「アジア女性基金」が提供された補償金には、自分が女性として受けた権利侵害、自分に犯された重大な犯罪が希釈されることはないとしました。 「日本政府は、戦争中に日本軍が私の父や私に行ったことの責任を問わなければならない」とアジア女性基金に送った拒絶の手紙の中で述べたものです。彼女は「女性国際犯罪法廷になってようやく正義が達成された」とも述べました。この手紙でも理解できるように、彼女が求めていたのはお金による解決ではなく、犯罪にふさわしい、国による正式な謝罪と賠償、そして二度とそのようなことを犯さないという約束の証でした。

アジア女性基金」に関係した人々は大変苦労したが、被害者側で解決したものとはいえないでしょう。ましてや、朴氏のように、被害者の苦しみを理解しようともしない人々には「和解」のような言葉を言う資格はないと思います。

また、安倍首相に対して「すでに何度も謝罪した」と思っているので、「慰安婦問題」を問題視することに否定的なように書かれています。しかし、国家賠償もなく、さらに教科書に載っ記載も削除する行為をしているという事実は、世界中の人々が安倍首相の謝罪が本気ではないと考えてもしかたないと思わせます。彼らは「慰安婦」の存在を認めたくないのが本音なのです。なぜなら、「天皇」のために命を捧げた日本軍と外国人女性を性奴隷にみなした恥ずかしい行為が存在してはならないからです。

結局、朴氏が言う「和解」は、問題をあいまいにすることで、被害者に、さらに傷を負わせる一方で、加害者は自分たちがやったことを隠すことで、罪を認めず、民族差別と性差別の体質を続けてつけていくことです。この問題は、わずか60年前の兵士が行った事の贖罪の問題だけではなく、日本に住んでいる私たちの女性の未来にとっても重要な問題だと思います。

したがって、「慰安婦問題」というのは、決して他人の問題ではなく、日本人の問題でもあり、この解決こそ「民族和解」の鍵でもあります。単に教条主義的な運動をしているわけではない事を理解してもらいたいです。

 

f:id:eastasianpeace:20140707010125g:plain

VAWW-NETジャパン

http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/

 

"'화해'는 그녀들의 몫이 아닙니다"
http://www.pressian.com/news/article.html?no=83858