読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の歴史家たちを支持する(米国歴史学会月報『(歴史展望)』) - Standing with Historians of Japan

Alexis Dudden, March 2015

アレクシス・ダデン、2015年3月

 

As historians, we express our dismay at recent attempts by the Japanese government to suppress statements in history textbooks both in Japan and elsewhere about the euphemistically named “comfort women” who suffered under a brutal system of sexual exploitation in the service of the Japanese imperial army during World War II.

 

私たちは歴史家として、第二次世界大戦当時の日本帝国軍隊による野蛮な性的搾取制度の下で苦痛を経験した日本軍「慰安婦」について、日本と諸外国における歴史教科書の記述を抑圧しようとする日本政府による最近の試みに対して驚愕と失望を表明する。

 

Historians continue to debate whether the numbers of women exploited were in the tens of thousands or the hundreds of thousands and what precise role the military played in their procurement. Yet the careful research of historian Yoshimi Yoshiaki in Japanese government archives and the testimonials of survivors throughout Asia have rendered beyond dispute the essential features of a system that amounted to state-sponsored sexual slavery. Many of the women were conscripted against their will and taken to stations at the front where they had no freedom of movement. Survivors have described being raped by officers and beaten for attempting to escape.

 

歴史家たちは、搾取された女性の数が数万人であったのか数十万人であったのかについて、また軍隊が彼女たちの調達において果たした正確な役割は何であったかについて論争を続けている。しかし、歴史家である吉見義明による日本政府の保管する公文書の詳細な調査と、アジア全域の生存被害者の証言により、国家主導の性奴隷制の本質的特徴を示している事について議論の余地はない。生存被害者たちは、将兵によって強姦されたことや、逃げようとして殴打された経験などを語ってきた。

 

As part of its effort to promote patriotic education, the present administration of Prime Minister Shinzō Abe is vocally questioning the established history of the comfort women and seeking to eliminate references to them in school textbooks. Some conservative Japanese politicians have deployed legalistic arguments in order to deny state responsibility, while others have slandered the survivors. Right-wing extremists threaten and intimidate journalists and scholars involved in documenting the system and the stories of its victims.

 

安倍晋三首相の現政権は、愛国的教育を推進しようとする努力の一環として、慰安婦に関する立証済みの歴史を声高に疑問視し、教科書における慰安婦への言及を排除しようと努めている。日本の保守派の政治家たちのうち、ある者は、国家の責任を否認するため、法律万能主義的議論を展開し、またある者は生存被害者たちを中傷してきた。右翼の急進主義者たちは、慰安婦制度や被害者の話を記録しようとしているジャーナリストや学者たちを脅迫し恫喝している。

 

We recognize that the Japanese government is not alone in seeking to narrate history in its own interest. In the United States, state and local boards of education have sought to rewrite school textbooks to obscure accounts of African American slavery or to eliminate “unpatriotic” references to the Vietnam War, for example. In 2014, Russia passed a law criminalizing dissemination of what the government deems false information about Soviet activities during World War II. This year, on the 100th anniversary of the Armenian genocide, a Turkish citizen can be sent to jail for asserting that the government bears responsibility. The Japanese government, however, is now directly targeting the work of historians both at home and abroad.

 

私たちは、自国のために歴史を物語ろうとしているのが日本政府だけではないことを承知している。米国においても、州や地方の教育委員会が、例えば、アフリカ系アメリカ人に対する奴隷制の説明を曖昧にしたり、ベトナム戦争に関する「非愛国的な」言及を削除するよう、教科書を書き換えようとしてきた。2014年、ロシアは、第2次世界大戦中のソ連の活動に関して政府が誤った情報と見なすものの拡散を処罰する法律を可決した。アルメニア人大虐殺から100周年の今年、トルコ政府に責任があると主張したトルコ国民は投獄される恐れがある。しかしながら、日本政府は今や、国内外の双方において、歴史家の業績を直接標的にしている。

 

On November 7, 2014, Japan’s Foreign Ministry instructed its New York Consulate General to ask McGraw-Hill publishers to correct the depiction of the comfort women in its world history textbook Traditions and Encounters: A Global Perspective on the Past, coauthored by historians Herbert Ziegler and Jerry Bentley.

2014年11月7日、日本の外務省はニューヨーク総領事に対し、歴史家であるハーバート・ジーグラーとジェリー・ベントリー共著による世界史の教科書『伝統と遭遇――過去への地球的視座』における慰安婦の記述を修正するようマグロウヒル社に要請する指示を行った。

 

On January 15, 2015, the Wall Street Journal reported a meeting that took place last December between Japanese diplomats and McGraw-Hill representatives. The publisher refused the Japanese government’s request for erasure of two paragraphs, stating that scholars had established the historical facts about the comfort women.

2015年1月15日、ウォール・ストリート・ジャーナルは、昨年12月に日本の外交官とマグロウヒル社の代表との間で行われた会談について報じた。出版社側は、2つの段落の削除を求める日本政府の要請を拒否した。学者たちは慰安婦に関する歴史的事実を立証しているというのがその理由である。

 

On January 29, 2015, the New York Times further reported that Prime Minister Abe directly targeted the textbook during a parliamentary session, stating that he “was shocked” to learn that his government had “failed to correct the things [it] should have.”

2015年1月29日、さらにニューヨーク・タイムズは、安倍首相が国会で、彼の政府が「事態を修正できなかった」と知り、「ショックを受けた」と語ったと述べ、その教科書を直接標的にしていると報じた。

 

We support the publisher and agree with author Herbert Ziegler that no government should have the right to censor history. We stand with the many historians in Japan and elsewhere who have worked to bring to light the facts about this and other atrocities of World War II.

我々は出版社を支持し、いかなる政府も歴史を検閲する権利を持つべきではないとする点で、著者のハーバート・ジーグラーに同意する。我々は、第2次世界大戦中に起きた様々な事実を明るみに出すことに努めてきた、日本やその他の国々の多くの歴史家たちを支持する。

 

We practice and produce history to learn from the past. We therefore oppose the efforts of states or special interests to pressure publishers or historians to alter the results of their research for political purposes.

我々は過去から学ぶために歴史を実践し生み出している。それゆえ我々は、政治的目的のために、研究結果を変えさせようと出版社や歴史家に圧力を加えようとする国家や特別な関心の試みに反対する。 

 

Jeremy Adelman, Princeton University
W. Jelani Cobb, University of Connecticut
Alexis Dudden, University of Connecticut
Sabine Frühstück, University of California, Santa Barbara
Sheldon Garon, Princeton University
Carol Gluck, Columbia University
Andrew Gordon, Harvard University
Mark Healey, University of Connecticut
Miriam Kingsberg, University of Colorado
Nikolay Koposov, Georgia Institute of Technology
Peter Kuznick, American University
Patrick Manning, University of Pittsburgh
Devin Pendas, Boston College
Mark Selden, Cornell University
Franziska Seraphim, Boston College
Stefan Tanaka, University of California, San Diego
Julia Adeney Thomas, Notre Dame University
Jeffrey Wasserstrom, University of California, Irvine
Theodore Jun Yoo, University of Hawaii
Herbert Ziegler, University of Hawaii

 

ジェレミー・エイデルマン、プリンストン大学
ジェラニ・コッブ、コネティカット大学
アレクシス・ダディン、コネティカット大学
サビーネ・フリューシュテュック、カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校
シェルドン・ガロン、プリンストン大学
キャロル・グラック、コロンビア大学
アンドリュー・ゴードン、ハーヴァード大学
マーク・ヒーリー、コネティカット大学
ミリアム・キングズバーグ、コロラド大学
ニコライ・コポソフ、ジョージア技術研究所
ピーター・クズニック、アメリカン大学
パトリック・マニング、ピッツバーグ大学
デヴィン・ペンダス、ボストン・カレッジ
マーク・セルデン、コーネル大学
フランジスカ・セラフィム、ボストン・カレッジ
ステファン・タナカ、カリフォルニア大学サン・ディエゴ校
ジュリア・アデニー・トーマス、ノートルダム大学
ジェフリー・ワッサーストロム、カリフォルニア大学アーヴァイン校
セオドア・ジュン・ユー、ハワイ大学
ハーバート・ジーグラー、ハワイ大学

 

Editor’s Note: This letter originated from an informal meeting held at the AHA annual meeting on January 2, 2015 in New York City.

 

編集部注:この書簡は、2015年1月2日、ニューヨーク市で開かれた米国歴史学会年次会合での非公式会合がもとになっている。

 

[原文」Standing with Historians of Japan

参考記事:「安倍首相の教科書修正圧力に驚愕」米歴史学者が共同で声明