読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[評論]人は越えられなかった理由(イ・ミョンウォン)

 

在日朝鮮人歴史家である鄭栄桓教授の著作「誰のための和解か - 『帝国の慰安婦』の反歴史性」が韓国で出版された。この本は、「忘却のための和解 -『帝国の慰安婦』と日本の責任」というタイトルで、今年3月に日本で出版されたことを翻訳したものである。この本は、朴裕河教授が『帝国の慰安婦』で繰り広げた主張の妥当性の問題を緻密な文献対照と方法論に対する批判を通して、実証的・歴史的・批判的に論証している。

 

『帝国の慰安婦』批判に加え、著者がこの本で緻密に論証しているのは、日本のいわゆる進歩的・リベラル陣営の知識人が陥っている二種類の「肯定的願望」の問題である。


一つは、大日本帝国に象徴される戦前の帝国主義・植民地主義の忘却傾向にある。他の一つは、戦後日本が平和国家という肯定と、これらの希望の形が実際に歪曲している歴史的・思想的ねじれである。


実際に戦後日本の知識人たちの天皇制ファシズム体制に対する批判的言説を検討してみると、明治維新以降、日本の帝国主義的侵略と植民地主義の問題については目を閉じて、ただ1937年日中戦争以降、または1941年に米国との太平洋戦争過程でのファシズム的傾向だけを限定的に批判の対象とする傾向を確認することができる。その一方で、このファシズムの原因を軍部の独走から探し、天皇からは戦争責任から免除することを自然に与えるが、これこそが「大日本帝国肯定願望」と呼ばれるものである。


戦前日本の植民地主義・帝国主義の侵略責任を忘却した結果は、日本の戦後認識にも大きな歪みをもたらした。1990年代半ば以降、日本ではいわゆる歴史修正主義の激しい流れが台頭し始めた。この過程で南京大虐殺、日本軍慰安婦、沖縄集団自決などの帝国主義・植民地主義の責任は隠蔽・歪曲・否定される。鄭栄桓教授が集中的に分析している日本軍「慰安婦」問題だけに限って見ても、日韓外交文書や知識人の言説などを介して強化されているのは、戦前と戦後の日本のどちらも肯定しようとする日本的ナショナリズムである。


彼は、朴裕河の『帝国の慰安婦』が日本の知識社会の中で劇的な歓声と賞賛の対象となっている知識社会学的文脈にも注目する。これは、日本のリベラル知識人でさえ、戦前の植民地主義・帝国主義というコンプレックスから抜け出し、日本が平和憲法に基づく平和国家になったことを肯定しようとする「二重の肯定希望」の結果である。このような思想界の隠蔽された文脈を検討しながら、日本軍「慰安婦」問題に対する日本の知識人たちの議論を分析することで、事態の本質が明瞭に解明されるというのが鄭栄桓教授の立場であるようだ。

 

そう見ると、この本は、表面的にはいわゆる「<帝国の慰安婦>事態」を批判的に論証しているように見えるが、深層では日本の戦後思想界の盲点を根本的に脱構築している著作である。このような著作が在日朝鮮人の歴史家によって記されたのは、いくつかの面で必然であり皮肉だ。必然の観点から見ると、まるで「クラインの壺​​」のように、彼は韓国と日本両国で内部であり部外者の存在で、すなわち「間の主体」としてのアイデンティティを自己化することができたことを意味する。一方で皮肉もある。韓国と日本の一方へのアイデンティティの帰属を拒否した理由で、本が越える国境を人は越えていないからである。在日朝鮮人が置かれている半難民的状況の本質は、日韓両政府が歴史的に隠蔽してきた棄民政策の同質性も問うている。

 

f:id:eastasianpeace:20160703235746p:plain  イ・ミョンウォン(文学評論家、慶熙大学マニスカレッジ教授)

 

[原文] [크리틱] 사람은 넘지 못한 이유 / 이명원 : 칼럼 : 사설.칼럼 : 뉴스 : 한겨레