読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敵はお互いを殺すが、隣人は責任を問い答える - [帝国の慰安婦]書評

(ソウル大学イ・ジュンウン教授による朴裕河著『帝国の慰安婦』書評)

問題の本である。慰安婦9名が最近朴裕河教授のこの本を出版、販売、広告の禁止をソウル東部地裁に仮処分申請を出した。この本を私たちの社会で事実上なくそうというものである。本が偽りの内容を含んでおり、慰安婦被害者を「売春婦」や「日本軍の協力者」と罵倒したからだという。

気になった。朴裕河教授は一体何を考えてだろうか? 本を入手するのに数日かかった。大型書店では品切れになったそうだ。苦労して本を手に入れて一気に読んだ。要点がはっきりして、文章も流麗で容易に読むことができる。重要な主張を繰り返して誤解の余地もない。ひとまず朴教授の主張をまとめると次のとおりである。

朴裕河教授の主張

(1)強制動員の証拠を見つけるのは難しい: 国家が直接動員した従軍慰安婦と、業者が介入して海外駐留日本軍に提供した慰安婦とは違う。日本軍が慰安婦を「管理」したのは事実だが、強制的に動員したという証拠を見つけるのは難しい。

(2)「強姦的売春」「売春的レイプ 業者の誘惑、詐欺、強制的に慰安婦にされた人たちの中には、金儲けのために自主的に参加した者がいる。実際にお金を稼いだ人は少なかったが、基本的に収入があることであり、その意味では「強姦的売春」または「売春的レイプ」だった。

(3)「帝国の慰安婦」(日本軍と同志的関係):日本人慰安婦だけでなく、植民地出身の慰安婦の中にも「日本人」として日本軍と同志的関係を結んだ人々がいる。占領される国民から見ると、慰安婦は日本軍と共犯であった。慰安婦はあくまで「帝国の慰安婦」だった。

(4)「罪」と言えても「犯罪」ではない: 「朝鮮人慰安婦」が体験したレイプや過酷な労働の責任はそのようなシステムを利用した日本軍とそれを黙認した状態にある。しかし、当時、このような行為は法律で禁止された行為でなかったから、罪とすることはできても、犯罪ではない。犯罪の当事者は、暴行を犯した者と兵士の個人である。その者たちがほとんどこの世を去った今、犯罪の責任を負う相手はすでにないわけだ。

(5)運動の論理でアプローチしたら平和的解決は難しい:韓国挺身隊問題対策協議会をはじめとする左翼運動団体は慰安婦の利害関係を代弁するよりも、運動の論理で「慰安婦」問題を解決しようとする。日本のいくつかの支援団体も同じだ。その結果、日本軍「慰安婦」問題に対する日本の右翼はもちろん、一般市民の反発がさらに激しくなった。このため、従軍慰安婦問題を平和的に解決しにくくなった。

f:id:eastasianpeace:20140705223046j:plain

本が著者の意図を裏切る3つの理由

読みながら頭は晴れてきたが、胸が苦しくなった。特に「強姦的売春」云々する部分で息が詰まった。朴教授の確信に満ちた論調と真正性のある表現で判断すると、彼女は事実関係を確認し、それに応じて論旨を主張すれば十分であると考えているようだ。しかし、彼女は事実関係を確認して論旨を進める前に、自分がいくつかの前提に依存することに注意しなければならなかった。その前提のおかげで、彼女は事実と論旨に従っても(実際には、まさにそのために!)自身の意図を裏切る結果に至ることになる。

1.暴力は時に同意を同伴し、特に悪質な暴力ほど、特にそうだ

まず、朴教授は、慰安婦に対する暴行、監禁、強姦があったことを認めている。この事実を否定する道理はない。しかし一方で、自発的な取引と同志的連帯の経験も厳然とあったという。そして、このように強姦と売春が同時に展開された場合、慰安婦問題を一面的に見ることができないという論旨で進行する。

残念だ。一面的に見なくても、暴力の本性は同じであることがなぜ分からないのだろうか。 「売春的レイプ」も強姦であり、「強姦的売春」​​も強姦ということをなぜ分からない。要するに朴教授は、暴力は時に同意を同伴し、特に悪質な暴力ほど、同意を要求する暴力であるという事実を無視する。これは、単なる語義論や解釈論の問題ではなく、暴力の本質に対する認識の問題だ。純正な暴力は、自発的な同意と卑屈な服従を含むすべてのものを活用する。だから残酷だ。

2.責任を規定するのは「共同体の共有感覚」、特に正義感

第二に、朴教授は、法的犯罪と非法的罪を区分した後、法的に処罰することができない罪を問題にすることができないという論旨で進行する。なるほど、罪と犯罪を区別することができだろう。日本軍は、犯罪を容認した罪があるはあっても(現代法規範を基準とした)上記の法的行為の当事者ではないかもしれない。

 

しかし、責任の帰属は罪と犯罪の区別を超える。罪と犯罪を区別しても責任の問題を避けることができない。なぜなら、責任を規定するのは当事者の行為ではなく、特定の事件を行為として認められている共同体の共有感覚は、その中でも「正義感」だからだ。罪と犯罪を区別するように、法と正義を区別することができる。法であるが「到底我慢できない法」という認識は可能だが、ここでは「我慢できない」という感情の根底に正義感がある。

 

慰安婦問題は、当時の植民地で違法と認められていないとしても、現代東北アジアで「耐えがたい日」となった。そのことが明らかになり責任を問う当事者に対して、問題の行為が当時は犯罪ではなかったとの回答は窮屈というより、「不審に」思わせる。

f:id:eastasianpeace:20140705223738j:plain

3.敵はお互いを殺すだけで、一緒に生きようとする隣人だけが責任を問い答える

敵同士は責任を問われない。責任を転嫁して、お互いを殺すだけだ。戦争が終わって平和協定を締結し、責任問題が登場するのが、このような理由だ。

 

ただ一緒に生きていくと認めた隣人や共同体の場合のみ、過去の行為の責任に関する問いを始める。和解を追求する隣人は、責任究明に敏感にならざるをえない。

 

極右の論理と感情的な背景を教えてくれた本

慰安婦は北東アジア現代史の未解決の問題だ。この問題に直面して抱いて整理しない限り、我々は、帝国主義の時代に経験した痛みと同じくらい悲惨な精神的混乱に陥るだろう。

 

例えば、この問題をきちんと整理しない限り、自主的に外国からの労働力を提供した対価としての厳しい処分を受けている移住労働者の問題も解決しにくくなる。外国軍隊の駐屯地に形成される集娼村問題も正面から向き合うことができなくなる。この本は慰安婦問題が、このような事案と直接関連があることを悟らせてくれながら、その関連を利用して問題を誤魔化してしまっている。

 

最終的には良い読書だった。たくさん学んだ。いわゆる極右の論理と感情的な背景について知ったのが収穫だ。朴教授が2005年に発表した「和解のために」も読みたくなった。その本の論旨で行っているように、暴力と正義についての前提を隠蔽しながら議論を進めているか確認したくなった。

f:id:eastasianpeace:20140705224439j:plain

しかし、「出版禁止」に反対する理由

私は韓国ではこの本の出版、販売、広告を禁止してはならならないと信じる。 (すべての書物がこんな大層なオモテナシを受けることができるか、実際よく分からない。)より多くの人がこの本を読んで検討し議論しなければならないと考える。この本のサブタイトルは「記憶の闘争」という用語を含んでいるが、闘争ではなく、議論された記憶、検討された記憶、省察された記憶が必要なために、そう思う。

 

もしこの本をより多くの人々が読んだ結果、朴裕河教授のように考えている人が多くなるなら、それは我々が直面しなければならない新たな刑罰であり、悲劇といえる。しかし、そんなことができる機会さえ​​無くした世界を作って喜ぶなら、私はそれをなんと呼ぶのか分からない。

 

[出典] 적은 서로를 죽이지만 이웃은 책임을 묻고 답한다 – [제국의 위안부] 서평(http://slownews.kr/27371)