読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンギョレ・中央日報、「安倍談話」の社説を比較する

 

<ハンギョレ>と<中央日報>が一緒に構成された紙面に社説を並べて、中3〜高2の学生読者の思考力の拡張に役立つよう比較分析しました。

 

[ハンギョレ社説]敗戦70年の安倍談話、最悪は避けたものの : 社説: ハンギョレ

[中央日報社説]光復・分断70年…過去を踏まえて未来に進もう

 

ハンギョレ「原則・実利の間に主体性が必要」、中央 「過去の歴史に言い争いはやめよう」

 

ステップ1 共通テーマの意味

 

日本の安倍晋三首相が14日、第2次大戦終戦70年を決算する談話を発表した。安倍首相は談話で植民地支配、侵略、謝罪、反省など4つの主要な「キーワード」に言及した。しかし、談話の内容を入念に読んでみると、植民地支配と侵略の主体を明示していないことを知ることができる。 「戦争が行われた国でも若者たちの命ができなく消えてしまった。中国、東南アジア、太平洋諸島など戦場となった地域では、戦闘だけでなく、食糧難などで多くの無実の人々が苦難に陥って犠牲になりました」というフレーズが示すように、安倍談話は「誰」によって罪のない人々が苦難に陥って犠牲れていることを書かなかった。

 

これは1995年に植民地支配を認めて公式謝罪した村山富市首相はフジTVとのインタビューで、安倍首相の談話が「美辞麗句を並べたが、何を謝罪し、今後どのようにするかについて説明していない」と批判した。安倍首相が植民地支配と侵略という言葉を使うことはしたが、可能な限り普遍化して「どの国でもしている」というふうに表現したというものである。

 

光復70周年祝辞でパク・クネ大統領は、「昨日、安倍総理の前後70周年談話は惜しい部分が少なくないのは事実」としながら物足りなさを示した。また「日本の侵略と植民地支配がアジアの多くの国の国民に多くの損害と苦痛を与えた点と慰安婦被害者たちに苦痛を与えたことに対する謝罪と反省を根幹とした歴代内閣の立場が今後も揺れないと国際社会に明らかに明らかにした点に注目する」と、いくつかの肯定的に評価した。

 

ステップ2 問題のアプローチの見解の相違

 

ハンギョレと中央のどちらも、安倍談話に現れる曖昧な表現を批判する。中央は「誰が誰に何のためにする謝罪なのかよくわからなくあまねくムンスリに移った」と評価した。標準国語大辞典によると、「あまねくムンスリ」は、「言葉や行動が明らかでない状態」をのぼる。謝罪をしたのかしていないかどうかを曖昧な安倍首相の態度の表現である。 「間接話法を使用したり、一般的な歴史叙述の中で抽象的に盛り込むなどの巧妙なオンスルを使用」というハンギョレの批判も中央の指摘と軌を一にする。

 

「戦場の陰で名誉と尊厳に深い傷を負った女性がいたことも忘れてはなりません」という安倍談話の詩を見てみよう。ハンギョレはこの詩を「幽体離脱」法に規定する。名誉と尊厳に深い「傷を負った女性」が誰なのか、彼らに「傷を負わせた者」が誰なのかについての具体的な言及が抜けているということである。

 

ステップ3 視差が出てきた背景

 

ハンギョレは、これらの安倍首相の幽体離脱法が「安倍首相が韓国をはじめとする国際社会の圧力と、連立相手である公明党をはじめとする日本の中の要求を無視するのは難しい事情にさらされているから」という分析を出す。

中央は、韓日関係悪化の責任が韓国政府にもあると言う。朴槿恵政府が「慰安婦問題が解決されるまでは、日本との首脳会談をしない」と事前に線を引くことで、国益のために外交的柔軟性を発揮できる余地を自ら取り除いてしまったのだ。つまり、日本がどのような立場を表明したかによって、私たちの政府の立場が決定される、受動的立場なってしまったというのだ。

 

中央の、このような指摘は、日本がどのような立場にでても、韓国は国益のために主体的に行動しなければならないという実利主義的見解を含んでいる。

 

「過去を乗り越え、未来に行こう」との、中央の社説のタイトルは、実利主義を端的に物語っている。 「安倍首相の言葉と行動に一喜一憂して過去の問題に絡み頑固な言い争いはやめよう」という部分は、国益のために主体的に外交政策を展開していかなければならないという立場をよくまとめてくれている。


ハンギョレは、過去16日のもう一つの社説で、朴槿恵政府が安倍談話を肯定的に評価したのが「原則より実利で」対日外交の重心を移したという政府の評価を批判している。朴槿恵政府の対日外交政策に原則もなく実利もないという主張である。ハンギョレは「21世紀を構想する懇談会」報告書の中で「韓国の対日政策は、理性と心情の間で行ったり来たりする」という部分を引用し、日本に振り回されないようにするには、外交当局がさらに徹底した論理と粘り強い姿勢で臨まなければならないと注文している。

 

ギム・ボイル ベムン高校 国語教師

[原文] [사설 속으로] 한겨레·중앙일보, ‘아베 담화’ 사설 비교해보기 : 한겨레